Oculus Rift用にグラフィックボードを調査

Facebook にシェア
Pocket

Googleで「Oculus Rift ベンチマーク」で検索したら、検索のトップがGoogleスプレッドシートでした。Googleスプレッドシートとは、オンライン上で共有して使用できるExcelの様なもので、存在自体は知っていたのですが、使われているのをロクに聞いたことがありませんでした。どうやら大本はこちらのようです。

今回、有効に使われているのをはじめて見て、幻想だと思っていた「集合知」って場所によってはあるんだなぁと感心してしまいました。やっぱり、ハードル高い分野は自然にそうなるのかもしれません。(え?低くするとどうなるかですか?まぁクソリプとかそういう単語が飛び交うんじゃないかな……)


さて冒頭のシートは「Oculus RiftをこのPC構成で使ったら動作はこのようなものであった」という報告が表にまとめられている形になります。私もそれで悩んでいたので、このリストを作成する意義はよく分かりますし、実際参考になります。

私の場合、今現在のPCの構成は

  • 自作PC
  • Windows 7 SP1 Pro 64bit
  • CPU Core-i7 3770 3.4GHz
  • メモリ 16.0GB
  • GPU GeForce GTX 650Ti
  • GPUメモリ 1.0GB

という具合です。GPU(≒グラフィックボード)が問題だなぁ、とは思っていたのでどれを購入しようかなと考えていたら、注文したOculus Riftが年末にもう届いているのに年を越してしまいました。

GPUスペックが近い人をGoogleスプレッドシートから見てみましたが、まぁぼちぼちかなぁ……。やっぱりCPUを見てると最新のCore i7-4770とかが多いですね。私のは2~3年くらい前は定番だったものなのですが、この辺も考慮するとグラフィックボードの購入は必須のようです。

今使用しているのと同じNVIDIA社製グラフィックボードのGeForceシリーズから選ぶ場合、候補となるのは値段が高い順から

  • GTX 980 7万円代
  • GTX 970 4万円代
  • GTX 760 2万円代

で、これ以下もあるのですが調べてみるとどうやらGTX760あたりから安定するようで、これが最低限のようです。まぁ、値段的に760しかないですねぇ……。

結局Amazonで探して購入しました(約2万3千円)。余談ながら、私の自作PCはケースがミニタワー、マザーボードがMicroATXだったのでサイズ的に入るかどうか心配でしたが、調べたら入るようで安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です