AndroidのファイラーをSolid Explorer File Managerに変更

Facebook にシェア
Pocket

かつてAndroidのファイラーとして定番だったESファイルエクスプローラーがBaiduに不正通信していた件が発覚して以来、Androidのファイラーはどれが定番になるのか揺れていたところがありました。

SolidExplorer_Icon

それからしばらく経ち、とりあえずはSolid Explorer File Managerが良いかなと思って導入しました。ちなみに今まではずっとFile Explorerを使っていました(不正送信せずに済んでよかった……)。

Solid Explorer File ManagerのXPrivacy制御

識別情報:拒否、インターネット:許可、ストレージ:許可、ネットワーク:許可、NFC:許可、電話:拒否、シェル:拒否

インターネットとネットワークに接続しようとするのが最初不審に思っていたのですが、これは後述のクラウドとの接続で使用します。ただ電話は使うことが無いと思うのですが……。

Solid Explorer Unlocker導入

SolidExplorer_Expire

使ってみていきなり画像のように「試用期限切れ」が出現。他のアプリでも経験があるのですが、なぜ使ってもいないのに切れてしまうのでしょう。しょうがないので

Solid Explorer Unlocker

ここで\219支払って有償版を購入。まぁ最初から有償だったと思えば……。一応、Google Play でアプリやゲームを購入してから 2 時間以内であれば、購入したアプリやゲームを返品して全額払い戻しを受けることができるので、これが事実上の試用期間になるのかな?

インストールしてもアプリ一覧などで表示されません。Solid Explorer File Managerをもう一度起動すると自動でロックが解除されます。

Solid Explorer UnlockerのXPrivacy制御

識別情報:拒否、インターネット:許可、ネットワーク:許可、電話:拒否

さっき制御したばかりなのに、ロック解除するとまた制御しなければなりません。やっぱり電話を聞いてくるんですよね……。

アプリでできること

アプリのインストール後に説明がありますが、おおよそ次のようなことができます。

  • Androidを横にすると2画面になる
  • FTP、SFTP、SMBプロトコルをサポート
  • クラウドストレージをブラウズできる
  • アーカイブの作成と展開
  • ファイルやディレクトリの詳細情報が見られる
  • Solid Explorer Cast Pluginの導入でChomecastに対応
  • ルート権限があればシステムフォルダにアクセスできる

XPrivacyでインターネットとネットワークの権限を要求するのは、FTPやクラウドの機能があるからなんですね。

というわけで導入が完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です