独自ドメインとレンタルサーバーを持って、メールアドレス管理について知ったこと

Facebook にシェア
Pocket

このブログを作るに当たり、独自ドメインを取ってレンタルサーバーとの契約をしたわけですが実は本に書かれているがままに行った感じでよく分からないまま作ってしまいました。

ムームードメインで独自ドメインを取得、レンタルサーバーはロリポップ。両方GMOグループのもので連携を取っているために、設定が楽に行えます。そういうわけで初心者向けの書籍で紹介されていたんですね。(余談ながら容量や値段のバランスなども入門者向けです)

独自ドメインとる必要なかったんじゃないかな……と一時期思っていたのですが、ある程度理解が進んだ今では当初想定していなかった電子メール運用での利点があると感じています。

今までメールは携帯電話のキャリアメールとフリーメールを利用してきました。キャリアメールはスマートフォンの運用をMVNOに変えているので、今はもう使っていません。後者は一時期Gメール(でしたが個人情報の扱いかたにあまりに問題があるので)、今現在はOutlook。もっともMicrosoftも同じようなものですが……。

そして今現在はさっさと自分用のアドレスを作るべきだったと思っています。GoogleアカウントやOutlookアカウントは送信者名がアカウント名になるので、ペンネームなどで送信する可能性がある場合には別個にアカウントを作らなければなりません。そういうわけでOutlookで二つアカウントを作っていたのですが勉強不足でした。

Mail_Lolipop

address1@独自アドレス、address2@独自アドレス……というように作ればよかったんですね。送信者の名前はそれぞれ個別に設定できるので一元化できます。

そしてもう一つの利点はフリーメール禁止のサービスにも登録できること。例えばネット銀行の利用をしている方も多いと思いますが、フリーメールは普通使えないのでこういう時に役立ちます。

ただ難点としてもし知人にアドレスを教えると、見慣れないドメインだな?と検索された場合に確実にサイトバレします。

ああ、もっと早くに気付いていればな。詳しい方からすると当たり前なんでしょうね、これ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です