WordPressサイトの301リダイレクト

Facebook にシェア
Pocket

先日WordPress製サイトのドメインを変更しましたが、変更後にはリダイレクトの対策をする必要があります。

リダイレクトとはあるURLに移動してきたときに、自動的に指定された別のURLに移動することを言います。例えば「before.comにアクセスしたらafter.comに自動的に移動する」ような機能です。

301リダイレクトとSEO

リダイレクトにはいくつかの方法があります。昔からあるのは旧ドメインのページに新ドメインのURLを書いておく方法などですが、ここではSEO的な利点から301リダイレクトを使用します。以下の特徴があります。

  • Google検索でのページランクを旧ドメインからそのまま引き継げる。
  • 外部のページで貼られたリンクが旧ドメインでも、そのリンクを使えば自動的に新ドメインの該当ページに移動させる。

301リダイレクトは実際にGoogleが推奨している方法でもあります。

プラグインのSimple 301 Redirectsを使用する

色々悩んでいたのにこれを使ったらあっという間に解決しました。

Simple 301 Redirects – WordPressプラグインディレクトリ

一応URLは上記ですが、通常通りWordPressサイトにログインしてプラグインのページから検索しインストールするだけです。

設定→301 Redirectsのページに移動して設定します。例えばbefore.comからafter.comに移動する場合

  • Request : http://before.com/*
  • Destination : http://after.com/*
  • 下段の「Use Wildcards?」にチェックを入れる

作業はこれだけです。「*」はワイルドカードで「どんな文字列でも」という意味になります。これでトップページも各記事のページもすべて置き換えてくれます。

失敗・経験談

この項は余談です。上のプラグインを使用してすんなりいったかのように書いていますが、どうやればよいのかで若干つまずいています。

というより勘違いしてたのですが、私は旧ドメインから新ドメインに変更するにあたってサーバー内のフォルダの位置も変更していたため「新旧ドメインがそれぞれ別のフォルダを指定している」という状態になっていました。

それで旧ドメインに設定してあるフォルダに.htaccessファイルだけ入れて、そこにmod_Rewriteを書いて上手くいかず……みたいなことをしてました。今考えるとなんでそんなことをしていたのか不思議ですが……。

その後、旧ドメインの指定フォルダを新ドメインと同じフォルダに変更し、Simple 301 Redirectsプラグインを使用して解決しました。サイトがWordPressだったのでこのプラグインを使用しましたが、そうでなければやはり.htaccessファイルを書いていたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です