FirefoxのアドインTile Tabsでウィンドウを分割して、複数の画面を同時に見る

Facebook にシェア
Pocket

当サイトはブラウザ上でページを作成するWordPressを利用していますが、作業中他のページをしょっちゅう見ることになるので、今までわざわざWordPressだけ別のウィンドウで開いていました。

TileTabs_Icon

しかしFirefoxのアドインTile Tabsを使えば一つのウィンドウ内に複数のページを同時に表示できます。

Tile Tabsの導入と設定

アドインはFirefoxでアドインのダウンロードページに行けばインストールできます。

インストールは簡単なのですが、私が上で言ったような

  1. WordPressの作業ページは左タイルに固定する
  2. 右タイルは別のページを開く。タブを選択すると、該当ページがこの右タイルに開く。

という使い方はオプションで設定を変えないとできません。

デフォルトだと「今開いているページ」と「分割する設定数の分だけの次のページ」(=2分割なら次のページ、3分割なら次と、そのまた次のページ)が分割され、他のタブはそのままです。私は一方のページを固定する使い方が当然の需要として考えていたので最初かなり戸惑いました。

TileTabs_Option

OptionからTabsタブに移動し、「Assign tab to active tile when untiled tab selected」にチェックします。

以降はタブを選択するたびに、フォーカスされているタイル(青い線で縁が囲まれます)のページが切り替わります。これで私が想定していた挙動になります。

Fox Splitter

検索をかけると、いくつかある同種のアドオンの中で最もメジャーなのはFox Splitterの様なのですが、私のFirefox33.1には対応していなかったため今回は見送りました。最終更新を見ると、2012年12月31日とあるので、確かにちょっと古いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です